目的

 「IoTは、長年の期待から、ハード、ソフト、さらには、社会情勢の背景から急速な展開を迎え、現実のものとなりつつある。あらゆる現象に対するセンシング技術、高速ネットワーク技術、クラウド、情報処理技術など、広範囲にわたるシームレスな技術と社会システムの融合による新しい基盤構築を設計実現する時が来ている。本会議では、これに資するための情報技術、センシング技術、ナノテクノロジー、材料などの学際領域を世界の最先端を導く研究者が参加し議論する。」

締切日等

◆ポスター発表のabstract締め切り:
  2016年11月25日(金)

◆参加登録締め切り:
  2016年11月28日(月)

講演者

基調講演者

徳田 英幸 (慶應義塾大学・教授)
中村 栄一(東京大学・教授)
川合 知二(大阪大学産業科学研究所・教授、Technology Strategy Center,NEDO)
Brian McCarson(USA) (インテル・最高技術責任者)


招待講演者

川原圭博 (東京大学・准教授)
Benjamin Tee(シンガポール科学技術研究庁, シンガポール国立大学・准教授)
大岩 顕(大阪大学産業科学研究所・教授)
Chaoyong Yang (厦門大学・教授、中国)
浅沼浩之 (名古屋大学・教授)
丸山 一雄 (帝京大学・教授)
渡邊 健夫(兵庫県立大学・教授)
Surajit Ghosh (CSIR-Indian Institute of Chemical Biology・博士、インド)
Raavi Sai Santosh Kumar(インド工科大学・助教授、インド)
古澤 孝弘(大阪大学産業科学研究所・教授)
J.M.J. (Jaap) den Toonder (アイントホーフェン工科大学・教授、オランダ)
関谷 毅 (大阪大学産業科学研究所・教授)


実行委員

菅沼 克昭  (大阪大学産業科学研究所・教授 代表実行委員)
黒田 俊一  (大阪大学産業科学研究所・教授 実行委員)
関谷 毅   (大阪大学産業科学研究所・教授 実行委員)
吉田 陽一  (大阪大学産業科学研究所・教授 実行委員)

主催、共催

主催:大阪大学産業科学研究所、
   大阪大学産業科学研究所 産業科学ナノテクノロジーセンター、
共催:大阪大学ナノサイエンス・ナノテクノロジーアライアンス、
   大阪大学ナノサイエンスデザイン教育研究センター、
   関西ナノテクネットワーク
   博士課程教育リーディングプログラム・複合領域型(物質)インタラクティブ物質科学・カデットプログラム

ポスター賞

受賞者一覧:

Kaho Kamada (ISIR, Osaka University)
“Evaluation of Anti-influenza Drugs Using Glycan-Functionalized Graphene Field-Effect Transistors”

Mitsuishi Morio (Graduate School of Engineering Science, Osaka University)
“Photo-switching of radiation force in optical trapping by means of photochromic reaction”

Hao Li (ISIR, Osaka University)
“Synthesis and Assembly of Hepatitis B Virus Envelope Protein-Derived Particles in Escherichia coli”

Shigenori Inagaki (Graduate School of Frontier Biosciences, Osaka University)
“Chemiluminescent voltage indicator applicable to brain activity recording in freely moving mice”

Kazushi Suzuki (Department of Biotechnology, Graduate School of Engineering, Osaka University)
“Color pallet of super-duper luminescent proteins for real-time multicolor bioimaging”

Yoshiyuki Higuchi (ISIR, Osaka University)
“Self-Joule heat-driven high efficient electronic-phase switching in freestanding VO2/TiO2 nanowires”

Itta Nozawa (ISIR, Osaka University)
“Generation of Ultra-short Electron Beam and its Future Application”

Gagus Ketut Sunnardianto (Graduate School of Engineering Science, Osaka University)
“Effective Way of Storing and Releasing Hydrogen in Graphene Vacancy for Hydrogen Storage Applications”

Poster award committee

開催日時: 平成28年12月13日 12:20-14:30 ポスターセッション&ランチ
場  所: レッジキャピタル コングレコンベンションセンター
Poster Awards: Prize-winners receive a specially designed certificate and more.

Best poster awards:
As tradition of Handai Nanoscience and Nanotechnology International Symposium, we organize “Young researcher best poster awards” to encourage their Master/Doctor works. The first 10% of the total candidates will be awarded.

一般情報

平成28年12月12日、13日

ナレッジキャピタル コングレコンベンションセンター
グランフロント大阪 北館 B2F
http://www.congre-cc.jp/

参加費: 無料

基調講演者 ----- 無料
一般参加者 ----- 3,000 円
学生 ----- 1,500 円

Modification is closed
December 10th , 2016